フィッシング詐欺やスパイウェア等により、インターネットバンキングの不正利用被害が多発しています。お客さまにおかれましても十分にご注意ください。

ログインボタンはこちらのページ末尾にございます。

主な不正利用の手口

  • 利用者に金融機関を装ったメールを送りつけ、偽サイトへ誘導したうえ、IDやパスワードを入力させて情報を盗む(フィッシング詐欺)。
  • パソコンをウイルスに感染させ、インターネットバンキング利用時(ログイン後)に金融機関を装った偽の画面(ポップアップ画面)を表示し、IDやパスワードを入力させて情報を盗む。
  • 利用者のパソコンをウイルスに感染させることにより、パソコンを遠隔操作し、不正利用する。
  • スパイウェアをインターネットや電子メールを介して、気づかぬうちに利用者のパソコンに侵入させ、画面操作やキー操作の情報を第三者に送信することで、IDやパスワード等の情報を盗む。
  • 盗んだ免許証やキャッシュカード等からパスワードを類推したり、他のサイトで使いまわしていたパスワード情報等を不正取得することで、インターネットバンキングのIDやパスワード等の情報を盗む。

お客さまにお願いしたいセキュリティ対策

  1. 基本ソフト(OS)やWebブラウザ等を最新の状態にアップデートしてください。
  2. ウイルス対策ソフトを導入し最新版にアップデートしてください。(横浜信用金庫では、お客さまに無料で不正利用対策のセキュリティソフト「SaAT Netizen(サート・ネチズン)」(ネットムーブ株式会社製)をご提供しております。こちらについても併せてご利用ください。)
  3. ログインパスワード・確認パスワードを定期的に変更してください。
  4. 当金庫推奨環境のパソコンをご利用ください。また、サポート期間が終了したソフトやWebブラウザ等(Windows XP等)を使わないでください。
  5. ワンタイムパスワードまたはメール通知パスワードをご利用ください。(メール通知パスワードをご利用の場合は、携帯電話やスマートフォン等、お取引時に利用するパソコンと異なる機器のアドレスで受信するようにしてください。)
  6. IDやパスワードは、パソコンに保存せず厳重に管理してください。また、不正なログイン履歴や身に覚えのない取引履歴がないか定期的に確認してください。

以上にご注意いただき、インターネットバンキングをご利用ください。

インターネットバンキング ログイン
インターネットバンキング ログイン
横浜信用金庫ではインターネットバンキングを安心してご利用いただくために、《よこしん》パーソナルダイレクトにて「ワンタイムパスワード(ハードウェアトークン)」の取扱いを開始します。