《よこしん》ICキャッシュカード

あなたの大切な預金を守るために ICチップで情報漏れをしっかりガード お取引がより安心になります。

セキュリティアップで安心お取引!!

偽造が難しいといわれるICチップでお客さま情報を管理+万一も安心! 磁気ストラップのお取引分も限度額変更可能でさらに安心

ご利用について

▼左右に指でスクロールして御覧ください。

ご利用対象者
  • 個人のお客さまで、新規で普通預金口座を開設される方。
  • 個人のお客さまで、既に普通預金キャッシュカードをご利用の方。
発行手数料
  • 新規発行手数料(切替を含みます)は、かかりません。
    ※破損・紛失による再発行手数料については、所定の手数料が必要となります。

ICキャッシュカードの券面について

ICキャッシュカード各部位の説明

偽造防止について

「ICチップ」は、偽造・変造や不正な読み取りが困難といわれています。高いセキュリティ効果があり、従来のカードに比べて万一の際の被害を抑止できます。

従来のカード=ICチップのない磁気ストライプ式のみのキャッシュカードのことを言います。

ご利用限度額(一日あたり)

ICキャッシュカードでは、「ICチップでお取引の場合」と「磁気ストライプでお取引の場合」それぞれに、一日あたりのご利用限度額が設定されています。
ご利用限度額はお申し出により増額・減額が可能ですので、お客さまのご利用状況に合わせて変更されることをお勧めします。
なお、1日あたりご利用限度額において、磁気ストライプによるお取引は、ICチップによるお取引に含まれます。

ご新規にICキャッシュカードを作成する場合

1日あたりのご利用限度額は「お引出し」「お振込み」各々について、「ICチップ取引」「磁気ストライプ取引」合計で50万円になります。
ご新規にICキャッシュカードを作成する場合の限度額

従来の磁気ストライプ式のキャッシュカードからICキャッシュカードへお切替する場合

1日あたりのご利用限度額は「お引出し」「お振込み」各々について、「ICチップ取引」「磁気ストライプ取引」で合計50万円になります。
従来の磁気ストライプ式のキャッシュカードからICキャッシュカードへお切替する場合の限度額
  1. ご利用限度額の変更手続時に、カード支払またはカード振込のいずれか1日あたりのご利用限度額の金額が50万円を超えている場合は、ご利用限度額の金額を50万円以下に引き下げさせていただいたうえで、お切替の手続きを行います。
  2. ご利用限度額の変更は各営業店窓口およびATMの操作で行えます。減額は窓口とATMとどちらでも可能ですが、増額のお手続きは各営業店窓口のみのとなり、お届印とご本人確認書類(免許書等)が必要となります。
  3. 新利用限度額は、設定後からご利用できます。ただし、当日のご利用金額合計が変更後の新限度額を超えている場合は、申込日の翌日から新限度額が適用されます。

ご利用いただけるATM

「ICチップでのお取引」は、よこしんのATMおよび一部提携金融機関の「ICキャッシュカード対応ATM」でご利用いただけます。
ICキャッシュカードによる「磁気ストライプでのお取引」は、これまでどおりよこしんおよび提携金融機関のすべてのATMでご利用いただけます。

▼左右に指でスクロールして御覧ください。

当金庫ATM ICキャッシュカードのお取引になります。
※当金庫のATMは、全台ICキャッシュカード対応となっております。
他金融機関ATM IC対応 ATM ICキャッシュカードのお取引になります。※1
その他 ATM 磁気ストライプにおけるご利用限度額の範囲内でのお取引になります。
  • 1 提携金融機関のIC対応ATMでのIC取引は、順次相互利用が可能となる予定です。

ICキャッシュカード発行手数料(税込)

▼左右に指でスクロールして御覧ください。

1.新規発行/既存キャッシュカードからの切替 手数料はかかりません。
2.破損・紛失による再発行 1,080円

新規お申込み・既存キャッシュカードからの切替お申込みについて

お手続きについて

ICキャッシュカードの新規発行、既存キャッシュカードからの切替のお申込み、破損・紛失による再発行お手続きについては、お取引店にて承ります。
ご不明な点は、お取引店にお問い合わせください。

▼左右に指でスクロールして御覧ください。

お手続きに必要なもの
  1. お届印
  2. 本人確認資料
    (運転免許証 ・ パスポート ・ 各種健康保険証等 )
  3. お切替の場合、既に発行させていただいているキャッシュカード
ご確認する事項 ご氏名、ご住所、生年月日等 ※2
  • 2 当金庫では、ICキャッシュカード発行にあたってご本人の確認をさせていただいております。その際、本人確認資料等をご提示いただけなかった場合には、ICキャッシュカード発行をお断りすることもありますのであらかじめご了承ください。

暗証番号について

  • ICキャッシュカードでもご本人確認に暗証番号を使用します。
  • 生年月日や電話番号等の推測されやすい番号は避けてください。
    また、暗証番号は定期的に変更することをお勧めします。
  • 当金庫職員が、店舗外や電話等でカードの暗証番号をおたずねすることはありません。