横浜信用金庫の職員を名乗りキャッシュカードを騙し取る犯罪にご注意ください

最近、当金庫のお客さまを狙ったキャッシュカードを騙し取る事案が発生しています。

犯人は、当金庫・警察官・銀行協会・金融庁・市役所・デパートの店員等の職員を名乗り、お客さまに対し、「医療費や保険料の還付がある」「あなたのカードを持った人物が預金を不正に引き出そうとしている」「詐欺グループを捕まえたら、名簿にあなたの名前があった」「あなたのカードが偽造されて不正利用されている」「あなたのカードが不正に引き出されているので、再発行が必要である」「金融機関の不正が発覚し、あなたの預金が不正に引き出されました」等のさまざまな内容の電話をかけてきます。
そして「調査や再発行、被害補償手続きに必要」等の理由でお客さまから言葉巧みに暗証番号を聞き出し、その後、お客さまのご自宅に訪問し、お持ちのキャッシュカード等を騙し取り、または偽のキャッシュカードとの交換を持ちかけ、預金を不正に引き出します。

当金庫職員が電話や訪問により、お客さまの口座番号や暗証番号をお尋ねしたり、キャッシュカード等をお預かりしたり、交換を持ちかけたりすることはございません。

同様に警察官、銀行協会等の職員も口座番号や暗証番号をお尋ねしたり、キャッシュカード等をお預かりしたりすることはございません。

これらを名乗る者から、キャッシュカードを預かりたいとの申し出があっても、決して渡すことのないよう十分にご注意ください。あわせて直ちに横浜信用金庫のお取引店にご連絡いただくとともに、最寄りの警察署への通報をお願いいたします。
また、高齢者の方を狙った犯罪が多発しております。ご家族の方が被害に遭われないよう、日頃からお声掛けくださいますようお願いいたします。

以上