当金庫の預金商品の概要「外貨普通預金」

  • この書面には、外貨普通預金のお取引を行っていただく上でのリスクや留意点が記載されています。あらかじめよくお読みいただき、ご不明な点は取引開始前にご確認ください。
  • 外貨普通預金は、外国通貨建ての期間の定めのない預金です。
  • 外貨預金には為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取りの外貨を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

この書面をよくお読みください

  • 円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)は手数料(例えば、1 米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭)がかかります(お預入れおよびお引出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当金庫所定の TTS レート(預入時)、TTB レート(引出時)をそれぞれ適用します)。
    したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1 米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円)がかかるため、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取りの外貨を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
〔商号・住所〕
横浜信用金庫 神奈川県横浜市中区尾上町2丁目16番地1
登録金融機関 関東財務局長(登金)第198号

商品の概要

▼左右に指でスクロールして御覧ください。

商品名 外貨普通預金
商品概要 外国通貨建ての期間の定めのない預金です。
預金保険制度 外貨普通預金は預金保険制度の対象外です。
販売対象 法人および個人のお客さま
  • 満20才以上、原則70才未満のお客さまに限ります。
期間 期間の定めはありません。
預入
(1)預入方法
(2)最低預入額
(3)預入単位
(4)預入通貨
  随時お預入れいただけます。
  1通貨単位。
  1補助通貨単位まで預入可能。
  米ドル、ユーロ
払戻し方法 随時払い出し。
お利息
(1)適用利率
 
(2)利払方法
(3)計算方法
  変動金利。マーケット環境等により見直しをすることがあります。
  毎日の店頭表示の利率を適用します。
  毎年2月と8月のお利息決算日(第2日曜日)の翌営業日にお支払いいたします。
  毎日の最終残高について付利単位を原則1通貨単位とした1年を365日とする日割計算。
税金について
  • 個人のお客さまは、平成25年1月以降、お利息には20.315%(国税15.315%、地方税5%)が源泉分離課税されます。
  • 法人のお客さまは、平成28年1月1日以降にお支払いするお利息からは地方税5%の特別徴収が行われないため、国税15.315%が総合課税されます。
    • 平成25年1月1日から令和19年12月31日までの間に支払われるお利息等には復興特別所得税が課税されるため、20.315%(国税 15.315%、地方税 5%)の税金がかかります。
    • 非居住者の方は国税のみの適用となります。
  • お利息はマル優の対象外です。
  • 為替差益への課税
    • (法人のお客さま)総合課税。
    • (個人のお客さま)為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得および退職所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
  • 詳しくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申しあげます。
手数料および適用相場 お預入れ・お引出し方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の金額や上限額または計算方法をあらかじめお示しすることはできません。
詳しくは後記「外貨預金のお預入れとお引出しに関わる手数料および適用相場」をご覧ください。
付加できる特約事項 ございません。
お問い合わせ先

店頭または下記までにお問い合わせください。

  • 横浜信用金庫市場国際部(045-680-6927)
当金庫が対象事業者となっている認定投資者保護団体 ございません。
苦情処理措置および紛争解決措置の内容
  • 苦情処理措置
  • 本商品の苦情等は、当金庫営業日に、各営業店窓口またはコンプライアンス統括部(9 時~17 時、電話:0120‐828‐833)にお申し出ください。

  • 紛争解決措置
  • 神奈川県弁護士会(電話:045‐211‐7716)、東京弁護士会(電話:03‐3581‐0031)、第一東京弁護士会(電話:03‐3595‐8588)、第二東京弁護士会(電話:03‐3581‐2249)の仲裁センター等で紛争の解決を図ることも可能ですので、利用を希望されるお客さまは、当金庫営業日に、コンプライアンス統括部または全国しんきん相談所(9 時~17 時、電話:03‐3517‐5825)、関東地区しんきん相談所(9 時~17 時、電話:03‐5524‐5671)にお問い合わせください。また、お客さまから、上記弁護士会に直接お申出いただくことも可能です。

    なお、東京三弁護士会は、東京都以外の各地のお客さまにもご利用いただけます。その際には、(1)お客さまのアクセスに便利な地域の弁護士会において、東京の弁護士会とテレビ会議システム等を用いて共同で紛争の解決を図る方法(現地調停)、(2)当該地域の弁護士会に紛争を移管し、解決する方法(移管調停)もあります。詳しくは、東京三弁護士会、当金庫コンプライアンス統括部もしくは全国しんきん相談所にお問い合せください。

外貨預金のお預入れとお引出しに関わる手数料および適用相場

▼左右に指でスクロールして御覧ください。

お預入れ・お引出し方法 手数料および適用相場
お預入れ 円の現金でのお預入れ
円預金からのお振替
円を外貨にする際(預入時)には、手数料を含んだ為替相場である TTS レートを適用。TTS レートには為替手数料(1 米ドルあたり1円、1 ユーロあたり1円50銭)が含まれています。
ご本人の外貨預金からのお振替 ご本人間のお振替は、手数料がかかりません。
到着した外貨送金でのお預入れ 外貨受払手数料(お預入れになる外貨送金金額の0.05%/最低手数料2,500円)
お引出し 円の現金でのお引出し
円預金へのお振替
外貨を円にする際(引出時)には、手数料を含んだ為替相場である TTB レートを適用。TTBレートには、為替手数料(1 米ドルあたり1円、1 ユーロあたり1円50銭)が含まれています。
ご本人の外貨預金へのお振替 ご本人間のお振替は、手数料がかかりません。
外貨でのご送金にご使用
(1)海外の銀行向けのご送金
(2)国内の銀行向けのご送金
(1)送金手数料がかかります。
(2)送金手数料がかかります。
外貨受払手数料(ご送金金額の0.05%/最低手数料2,500円)
このほかに(1)、(2)等に応じて別途、送金手数料等がかかります。
  • ※印の取扱については外貨両替取扱店舗に限らせて頂きます。
  • 上記手数料には消費税等はかかりません。

(平成27年12月28日現在)