地域の環境保全のために

環境方針

《よこしん》では環境方針を掲げ、役職員が常に地球温暖化防止等の問題意識を持って取り組むよう努力しております。

《よこしん》の環境方針

環境の維持および改善に努めることは企業市民としての社会的責任であり、環境への負荷の軽減に努力することは資源を消費する企業としての当然の責務と考えます。
《よこしん》の主たる営業基盤である神奈川県東部は、製造業、商業、サービス業等の産業がバランスよく立地する産業構造となっています。一方、郊外の丘陵地には里山と呼ばれる緑豊かな自然が広がり、そこを水源とする河川が東京湾や相模湾に注いでいます。《よこしん》は、このような都市と自然が調和した地域環境の保全を図り、地球温暖化防止への取組みを推進することで、地域社会の持続的発展に貢献してまいります。

  1. 環境経営の実践

    環境保全に対する目標を定め、その達成を目指すとともに、定期的に評価を行い、改善への取組みを継続することで、持続可能な地域社会の発展に貢献してまいります。

  2. コンプライアンスの徹底

    環境に関連する法令や規則等を遵守し、環境保全に取り組みます。

  3. 当金庫の取組み

    廃棄物の排出やエネルギー資源の消費等、事業活動による環境への負荷を軽減するため、省資源、省エネルギー、グリーン購入等環境に配慮した取組みを推進します。

  4. 役職員の取組み

    環境問題に関する職員の理解を深め、職場以外においても役職員一人ひとりがコミュニティの一員として環境保全に取り組みます。

  5. お客さまへのご支援

    環境保全や環境改善に関わる商品、サービスを開発し、お客さまの環境への取組みを支援します。

  6. 地域とのコミュニケーション

    環境への取組みを地域の皆さまにご理解いただけるように、ディスクロージャー誌やホームページで公表します。

環境金融商品・サービス

地球温暖化等の環境問題がクローズアップされる中、地域の環境保全を応援する金融商品をご提供しています。

「ISO9001」、「ISO14001」、「プライバシーマーク」、「ISMS」等の認証・認定の取得をお考えのお客さまに、《よこしん》が提携する実績あるコンサルティング会社をご紹介します。

クール・ビズ、ウォーム・ビズ

営業室内の温度設定を、夏季は28℃、冬季は20℃を基本とする、クール・ビズ、ウォーム・ビズに取り組んでいます。お客さまにはいつもご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

環境分野への寄付

《よこしん》と横浜市水道局は、平成25年10月23日に「水源エコプロジェクト協定(W-eco・p)」を締結しました。この協定に基づき、横浜市が山梨県道志村に所有する水源かん養林の整備費用を毎年寄付しています。《よこしん》の寄付金により整備されるエリアは「《よこしん》みんなの森」と名づけています。

《よこしん》親子でエコ教室

地球環境問題をふまえ、小学生に「エコ」について楽しく学んでもらう“環境教育イベント”を、横浜美術館と連携して平成23年より夏休みに開催しています。
環境パフォーマー『らんま先生』による“エコ実験パフォーマンスショー”で「エコ」について楽しく学んだ後、横浜美術館子どものアトリエの先生と一緒に、エコに関するポスターを制作するプログラムです。
開催概要はこちらをご覧ください。

 《よこしん》親子でエコ教室

ペットボトルキャップ運動

ペットボトルキャップ運動は、ペットボトルキャップを再生プラスチック原料として換金して、発展途上国へワクチンを届ける取組みです。また、キャップのリサイクルにより、焼却時に発生する二酸化炭素の削減にもつながる地球に優しい取組みとなっています。 《よこしん》では、全61店舗にキャップ回収BOXを設置しています。

当金庫の活動では、キャップ回収事業者が換金と発展途上国へワクチン支援を行う団体への寄付を行っています。

ペットボトルキャップ運動

地球温暖化対策計画書・報告書の公表について

《よこしん》では、横浜市生活環境の保全等に関する条例144条第3項に基づき、地球温暖化対策計画書および報告書をホームページで公表しています。